1. バイアグラウェブ
  2. >> 個人輸入(通販)
  3. >> 偽物と本物
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

偽物と本物

個人輸入代行で入手するED治療薬は本物か偽物か怪しいという事も多くあがっております。

実際に偽物のED治療薬を取り扱っている業者も大変多いのが現実です。

なぜ偽物が出回るのか、どのくらい偽物が出回っているのか、どういうルートなのか、どこで買えば安全なのかをご説明致します。

何故偽物が出回るのか?

ED治療薬は1錠あたりの単価がとても高いのが特徴です。

病院で買えば1錠あたり1500円~2000円くらいするでしょう。

しかし、それでもED治療薬を欲しいと思う男性は非常に多く、毎年すさまじい量のED治療薬が消費され続けています。

そこに目をつけた代行業者が、在庫を抱えた状態で依頼を受ければ、一度に多くの薬を仕入れる事が可能となり、その分安く仕入れが出来ると悪知恵を働かせるのです。

仕入れが安くなれば勿論利益も増えます。それだけでは飽き足らず、もっと安いルートを探していくうちに「偽物」を破格の値段で仕入れるという犯罪に手を染め始めていくのです。

どれくらい偽物は出回っているのか?

全世界で流通しているバイアグラの偽物の量は、本物のなんと2.5倍という調査結果が明らかになっています。

そこに危機感を示したED治療薬の製薬会社4社(ファイザー、バイエル、イーライリリー、日本新薬)が共同で調査した結果、日本を含む60ヶ国で偽物のED治療薬が発見されており、シンガポールにおいては2008年に4人が死亡するほどの健康被害が報告されています。

そこで、4社共同の調査として、インターネットで購入可能なED治療薬を「日本からの注文」「タイ在住日本人からの注文」を装い、届いたED治療薬を検品した結果が以下の様になっております。

日本からの注文⇒偽物43.6%:本物56.4%、タイからの注文⇒偽物67.8%:本物32.2%

上記の様に、日本からの注文は偽物が43.6%、タイからの注文は67.8%と、約半数以上が偽物という結果が報告されております。

偽物はどういうルートで出回っているのか?

最近目立っているルートとして、中国各地で製造後、中国、韓国などのエージェントを介して犯罪組織や同胞ネットワークより流通しているというような報告を耳にします。

また、中国発の場合は、米国、香港、オーストラリアを経由するルートが確認されています。

しかし、このルートから摘発された犯罪グループもニュースになってきている事から、最近では実に巧妙なルートでいかにも正規品と装って流通する偽物も増えてきている事から、どのルートが安全ともハッキリと言えないようになってきています。

どこで買えば安全なのか?

一番安全なのは日本の医療機関で直接診察を受けた後に処方してもらう事でしょう。

患者の健康状態も吟味した上で処方可能な量を決めてくれたり、飲み方の指導までしてくれます。

しかし個人輸入代行では偽物の流通もさる事ながら、高血圧な方や高齢な方でも簡単に手に入ってしまい、自己責任性が強くなってしまいます。

単純に偽物にだけ気をつけたいのであれば、ある程度メジャーな個人輸入代行業者を選択すると良いでしょう。

大手の個人輸入代行業者では独自の検品システムがあり、信用のあるルートからしか商品を仕入れなかったりと、安全性に充分配慮していることが多いからです。

安くて無名な個人輸入代行業者には要注意です。

「安い!」と安易に喜んでしまう前に、「偽物だから安く仕入れる事が出来るのでは?」と疑ってかかるくらいが丁度良いかもしれません。

「財布に優しい」純正バイアグラの上手な購入・使用法

バイアグラ100mgを多めに購入し1/4にカット、25mgとして服用すれば1回(25mg)あたりの価格が安く抑えられます

1回(25mg)辺り405円.......バイアグラ100mg
1回(25mg)辺り368円.......バイアグラ100mg2箱パック
1回(25mg)辺り353円.......バイアグラ100mg3箱パック
1回(25mg)辺り340円.......バイアグラ100mg5箱パック
1回(25mg)辺り336円.......バイアグラ100mg7箱パック

ED治療病院検索

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄