1. バイアグラウェブ
  2. >> お薬辞典
  3. >> タダリス
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

タダリス

ED治療薬シアリスジェネリック

タダリスとは

タダリスはシアリスと同じ成分タダラフィル(Tadalafil)を含有した医薬品です。
タダリスはAjanta Pharma社によって製造・発売されていて、シアリスと同等の効果を目的に製造されています
主成分タダラフィル(Tadalafil)は、生体内で環状グアノシン一リン酸 (cGMP) の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を阻害する働きがあります。
これが陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることによって機能すると考えられています。
心理的要因による“心因性”のもの、神経や血管など体に問題のある“器質性”のもの、あるいは心因性と器質性の“混合型”のいずれにも有効です。
大きな特徴として、他の2剤(クエン酸シルデナフィルとバルデナフィル)に比べ半減期が長く、服用後36時間まで勃起機能改善効果が認められています。また、服用にさいし食事の影響を受けません。これらから、飲む時間にそれほどこだわらず、長時間にわたり安定した効果が期待できます。

※タダラフィル(Tadalafil)は服用するだけで勃起状態になるという効果はありません。性行為に必要な勃起を得る為には服用後に性的な刺激が必要であり、また、性欲を増進させる効果、催淫性はありません。

タダリスの使用方法

タダラフィルは通常、性行為の1時間前に服用します。服用できるのは1日1回1錠かぎりで、服用の間隔は24時間以上必要です。
効果がないからといって追加で服用するようなことはおやめください。
血圧の低下が起こることがありますので、車の運転、危険な作業の前には服用しないでください。
食事の影響はありませんので、食後でも空腹時でもかまいません。効果はかなり長く続きます(36時間)

通常、成人は1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口服用します。
10mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することが出来ます。
軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと。なお、いずれの場合も1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすること。

中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、服用間隔は24時間以上とすること。
なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを服用する場合には服用間隔を48時間以上とすること。
重度の腎障害のある患者では5mgを超えないこと。

タダリスの副作用

比較的多いのは、頭痛とほてりです。これらは血管を広げる作用によるものなので、時間とともに軽くなり自然に治ると思います。とくに心配ないでしょう。
そのほか、一過性の視覚異常が現れることがあります。「まぶしい」「青いめがねをしているよう」「青と緑の区別がつかない」といった異常な見え方がするようです。服用後しばらくの間、車の運転には十分注意してください。
重い副作用はまずありませんが、海外で「持続勃起症(プリアピズム)」がごく少数例ながら発症しているようです。また、この薬によるものかはっきりしませんが、著しい視力の低下をともなう非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現も報告されています。念のため注意してください。

【一般的な副作用】
・頭痛
・ほてり
・潮紅
・鼻づまり
・めまい
・血圧の変動
・動悸
・頻脈
・視覚異常
・彩視症
・光視症(まぶしい、かすむ、青くみえるetc..)

【タダラフィルが及ぼす重篤障害】
・硝酸薬との併用による急激な血圧低下
・持続勃起症(プリアピズム)…4時間以上痛みを伴う勃起が続く(すぐ受診)、陰茎組織損傷、勃起機能の喪失
・重い過敏症…じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)。
・重い皮膚症状…高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。

タダリスの注意事項

※服用後で4時間以上も勃起がとれない場合は、医師に至急連絡してください。
※併用禁忌薬があります。また、記述されている内容は完全な副作用・注意事項のリストではありません。もっと詳しくお知りになりたい場合や、ご使用に際しては、必ず医師、薬剤師など専門家にご相談ください。
※基本的に「女性用」と記載が無い限り、女性はご使用なさらないで下さい。
※全ての情報に関する、有用性、合法性、完全性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性等については一切保証いたしません。情報の確実性や有用性等はご自身で判断し、ご自身の責任でご利用下さい。
※個人輸入で購入した医薬品は日本の「医薬品副作用被害救済制度」の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。

当コンテンツでは未承認医薬品の記述を行っておりますが、当コンテンツで紹介する未承認医薬品は「辞典」としてユーザーが知りたい情報のみを公開しており、 その未承認医薬品情報からの客体利益を期待して誘引しているわけではございませんので、広告定義(誘因性・特定性・認知性の合致)には当てはまりません。

口コミ(クチコミ)・評判

口コミ(クチコミ)・評判 投稿フォーム

お名前
コメント
投稿する

ED治療病院検索

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄