1. バイアグラウェブ
  2. >> お薬辞典
  3. >> シプラ「CIPVAR」
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

シプラ「CIPVAR」

ED治療薬レビトラジェネリック

シプラ「CIPVAR」とは

シプラ「CIPVAR」はレビトラと同じ成分バルデナフィル(Vardenafil)を含有した医薬品です。
シプラ「CIPVAR」はCipla社によって製造・発売されていて、レビトラと同等の効果を目的に製造されています
主成分バルデナフィル(Vardenafil)は、陰茎の勃起を止める酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を阻害します。この作用から、PDE5阻害薬と呼ばれています。
服用から効果発現までの時間が短く、また、長期の服用でも安定した効果が得られるのが特徴です。

※バルデナフィル(Vardenafil)は服用するだけで勃起状態になるという効果はありません。性行為に必要な勃起を得る為には服用後に性的な刺激が必要であり、また、性欲を増進させる効果、催淫性はありません。

シプラ「CIPVAR」の使用方法

シプラ(Cipla Ltd.)/インド

シプラ「CIPVAR」の副作用

通常、成人は1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口服用します。
効果がないからといって追加で服用するようなことはおやめください。
血圧の低下が起こることがありますので、車の運転、危険な作業の前には服用しないでください。

10mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができます。
1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすること。

高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者については、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとする。
1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすること。

シプラ「CIPVAR」の注意事項

比較的多いのは、頭痛とほてりです。これらは血管を広げる作用によるものなので、数時間でたいてい治ります。とくに心配ないでしょう。
そのほか、一過性の視覚異常が現れることがあります。「まぶしい」「青いめがねをしているよう」「青と緑の区別がつかない」といった異常な見え方がするようです。服用後しばらくの間、車の運転には十分注意してください。
重い副作用はまずありませんが、海外で「持続勃起症(プリアピズム)」がごく少数例ながら発症しているようです。また、この薬によるものかはっきりしませんが、著しい視力の低下をともなう非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現も報告されています。念のため注意してください。

【一般的な副作用】
・頭痛
・ほてり
・潮紅
・鼻づまり
・めまい
・血圧の変動
・動悸
・頻脈
・視覚異常
・彩視症
・光視症(まぶしい、かすむ、青くみえるetc..)

【バルデナフィルが及ぼす重篤障害】
硝酸薬との併用による急激な血圧低下
持続勃起症(プリアピズム)…4時間以上痛みを伴う勃起が続く(すぐ受診)、陰茎組織損傷、勃起機能の喪失

当コンテンツでは未承認医薬品の記述を行っておりますが、当コンテンツで紹介する未承認医薬品は「辞典」としてユーザーが知りたい情報のみを公開しており、 その未承認医薬品情報からの客体利益を期待して誘引しているわけではございませんので、広告定義(誘因性・特定性・認知性の合致)には当てはまりません。

口コミ(クチコミ)・評判

口コミ(クチコミ)・評判 投稿フォーム

お名前
コメント
投稿する
お薬の名前
シプラ「CIPVAR」
お薬の種類
ED治療薬レビトラジェネリック
お薬の対象性別
男性用
お薬の製造元
シプラ(Cipla Ltd.)/インド
お薬の主成分
バルデナフィル(Vardenafil)

同種類のお薬

個人輸入代行ランキング

ED治療病院検索

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄