1. バイアグラウェブ
  2. >> お薬辞典
  3. >> カバージェクト
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

カバージェクト

陰茎注入薬(注射)

カバージェクトとは

CaverJect(カバージェクト)の有効成分はAlprostadil(アルプロスタジル)、EDの治療に用いられる成分です。
ペニスの基底部に皮下注射針にて注射して直接吸収させますので即効性(5~20分)があります。
Alprostadil(アルプロスタジル)が人体内の天然物質前立腺素E1と化学結合されると血管拡張作用が起こり陰茎内の血管が拡張され血流量が増加し勃起を引き起こします。
注入後、活性成分が陰茎海綿体に吸収され吸収後分解され代謝物を生成します。 Alprostadil(アルプロスタジル)を局部に使用しても吸収後、 全身の循環系統に達する量は極微量であるため、 副作用も軽いことが研究によって証明されています。

主治医によって用量が決められ、自己注射の方法の指導を受けねばなりません。
副作用は特に見あたりませんが、血腫を見ることがあります。
ミエローマ、白血病、カマ状赤血球貧血、ペニスの奇形のある方は使用禁忌とされています。

カバージェクトの使用方法

・使用は成人男性に限ります。
・性行為の約10~15分前にご使用下さい。
・消毒綿で陰茎の注射部を消毒します
・血管を避けてペニス横側の真中辺りに注射して下さい(左右どちらか一方)
・注射後、薬液が注入されるまで少し時間がかかりますので10秒位そのままにしていて下さい。
・10分程度で勃起しはじめ、30分程度で最大に勃起します。

カバージェクトの副作用

【副作用としては、以下の症状が報告されています】
・ペニス睾丸、脚部、会陰(ペニスと直腸の間の部分)の痛み
・膀胱の温熱間、血流の増大によるペニスの赤み
・誤った投与による膀胱出血や斑点

【まれに報告される副作用には以下のものがあります。】
・長時間の勃起(もし勃起が4時間以上続いた場合は、すみやかに医師の相談を受けてください。)
・脚部静脈の腫れ
・意識のぼやけ
・めまい
・失神
・脈拍上昇

【以下の項目に該当する方には、お勧めできません】
・ミューズの有効成分であるアルプロスタジル(血管拡張剤)に対して過敏な方
・ペニスの形状に異常のある方
・性的な活動を控えるように医者に言われている方
・鎌型赤血球貧血やその特性のある方、白血病疾患の方、(多発性骨ズイ種など)骨ズイに腫瘍のある方は永続的な勃起を引き起こす可能性があります。

カバージェクトの注意事項

・カバージェクトは局部使用薬です。内服すると全身に毒副反応を 引き起こし大変危険です。
・カバージェクト使用後は運転や危険な作業は避けてください。
・気を失ったことのある方は、カバージェクトをご使用になる前に、医師にご相談ください。
・女性妊娠期、哺乳期、あるいはオーラルセックスの場合は必ずコンドームをご使用ください。
・カバージェクトを24時間以内に2度以上使用しないでください。
・心筋梗塞、低血圧患者、Alprostadil過敏者や勃起時の陰茎異常、血小板増多症、亀頭炎、包茎、尿道炎等の症状が見られる方は医師と十分に相談の上使用してください。
※基本的に「女性用」と記載が無い限り、女性はご使用なさらないで下さい。
※全ての情報に関する、有用性、合法性、完全性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性等については一切保証いたしません。情報の確実性や有用性等はご自身で判断し、ご自身の責任でご利用下さい。
※個人輸入で購入した医薬品は日本の「医薬品副作用被害救済制度」の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。

当コンテンツでは未承認医薬品の記述を行っておりますが、当コンテンツで紹介する未承認医薬品は「辞典」としてユーザーが知りたい情報のみを公開しており、 その未承認医薬品情報からの客体利益を期待して誘引しているわけではございませんので、広告定義(誘因性・特定性・認知性の合致)には当てはまりません。

口コミ(クチコミ)・評判

口コミ(クチコミ)・評判 投稿フォーム

お名前
コメント
投稿する
お薬の名前
カバージェクト
お薬の種類
陰茎注入薬(注射)
お薬の対象性別
お薬の製造元
ファイザー(Pfizer)/スイス
お薬の主成分
アルプロスタディル(Alprostadil)

同種類のお薬

個人輸入代行ランキング

ED治療病院検索

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄