1. バイアグラウェブ
  2. >> 体験談
  3. >> 幼少期に母親から虐待を受けた記憶があり
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
体験談

幼少期に母親から虐待を受けた記憶があり

年齢:
42歳
購入手段:
病院処方

女性に対して強い恐怖心を持って今までの人生を送ってきています。
なるべく女性と会ったりしゃべったりするのを避け続けてきましたが…そんな自分が嫌いでした。自己嫌悪の塊のような…そんな生き方をしてきました。
自分が変わろうと思ったのは3年前です。今の奥さんとなる女性に出会い、こんなに女性を避けている僕のことを正面から好いてくれていました。
自然とお付き合いするようになり、男女の関係(勿論当時は童貞でした)を持とうとした時、自分が男として不能である事を思い知らされたんです。

普通の男であれば、男友達同士で卑猥な会話もするでしょうが、私は女性に恐怖心を抱いていたので、そういう会話には参加せず生きてきました。
最近知ったのですが、普通の男であれば交際している女性がいなくても自己処理をするものらしいですね。

私は自慰(俗に言うオナニー)すらも未経験の男でして。1年に2・3度してしまう夢精のみが射精の機会でした。
性的なことに対してあまりにも免疫が無い自分も嫌でしたが、彼女の為に変わろうと決心した私の決意は固く、バイアグラをもらおうと病院へ行くのに時間はかかりませんでした。
その甲斐もあって、最初はバイアグラを使用して行為を重ねておりましたが、今ではバイアグラも必要なくなり、自然に行為を保てるようになっています。それはきっと個人輸入代行では得られない「お医者様のカウンセリグ」があったからだと思います。
根本的にED治療を考えている方が居るのであれば、個人輸入なんかではなく、最寄の医療機関へと足を運んだ方が良いのではないでしょうか。
私なんかがこんな意見を書くのはたいそうおこがましい事だと理解しております。
ですが、こんな男も居るのだと思っていただければ幸いです。

長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂けて恐縮です。
どうもありがとうございました。

病院でお薬の処方を受けている方など、たくさんの方が
このお薬通販サイトをご利用されています ⇒ 商品一覧

体験談投稿フォーム

題名
年齢
購入手段
本文 

ED治療病院検索

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄